印刷物プリント

ネット印刷はなぜ値段が安いのか

町の印刷業者で取った見積もりの中身をよく見ると、工賃はそれほど高いものではなく、紙代の比重が多く占めていると感じることがあります。

また少ない数量から大きな数量に変更しても、単価こそ変わるものの総額は大して変わらないという印象も受けます。

基本的に町の印刷業者は、紙屋さんから大きなサイズの紙を仕入れ、紙のサイズに合わせて同じパターンを繰り返し配置した版を作ってまとめて印刷し、必要なサイズに合わせて断裁して仕上げます。

これをクライアントから受けた案件毎に行っています。

案件ごとに紙屋さんが指定した最低ロットに沿って仕入れますので、小ロットだと無駄な紙が出ることもあります。

ネット印刷業者も大きな紙にパターンを配置して印刷するのですが、案件毎に配置するのではなく、ネットから受注した様々な案件を大きな紙に効率よくまとめて印刷します。

同じ用紙で指定された案件に対し、近いサイズや数量でまとめて配置して一括で作業するので、一件づつ行うより全体の作業総量を減らすことでコストダウンができるのです。

紙もまとめて仕入れ、多くの案件に対応しながら使い切ることができますので、無駄をなくすことができます。

そのため、ネット印刷は町の印刷業者より安い値段で提供できますし、特に小ロットの印刷では値段に大きな差が出ます。

ただ複数の案件をまとめて作業しますので、クライアント毎にバラバラのスタイルで入稿されると却って手間がかかりますから、ネット印刷業者ごとに入稿データ作成のルールを設けているのが一般的です。

通販を利用する事で得られるメリット

印刷業者の中には印刷通販サイトを運営し、印刷の受注を行っている会社が多く在ります。通販サイトの魅力と言うのは、インターネットの接続環境が在れば、商品を購入したりサービスを利用出来ると言っ... 続きはこちら